給湯器  戸建住宅
戻る
他の給湯器は下段から選んで下さい
CF式 風呂釜専用(浴室隣接設置タイプ)
排気用 1本管
CF 半密閉式 吸気 排気 置型 上方排気管
屋内より 屋内へ
自然 自然
 最近は室内の気密性が高まっているため、換気扇の運転で、浴室にも影響がでて負圧とな
 ることがありますので、浴室内へのCF式風呂釜設置は、排ガスが逆流する可能性があり
 ますので、設置は不可です。

CF式 風呂釜専用(浴室内設置タイプ)
排気用 1本管
CF 半密閉式 吸気 排気 置型 上方排気管
屋内より 屋外へ
自然 自然
 最近は室内の気密性が高まっているため、換気扇の運転で、浴室にも影響がでて負圧とな
 ることがありますので、浴室内へのCF式風呂釜設置は、排ガスが逆流する可能性があり
 ますので、設置は不可です。

BF-W式
風呂釜専用(浴室内設置)(バランス釜)
FF 密閉式 吸気 排気 置型 設置は外壁に
接してること
屋内より 屋外へ
自然 自然
給排気管を外気に接する壁を貫通させ、自然通気により給排気をするもの
給排気口の寸法・壁厚を考慮する

BF-DP式 (バランス釜)
風呂釜専用(浴室内設置)(バランス釜)
FF 密閉式 吸気 排気 置型 設置は外壁に
接してること
屋内より 屋外へ
自然 自然
給排気管を外気に接する壁を貫通させ、自然通気により給排気をするもの
給気・排気の2本の配管
CF式(半密閉式)の取替え用。
CF式よりは安全性が向上しますが、屋外設置型への変更が良いです。

壁面貫通型
既存BF式の開口部を給気・排気部に使用するので、給排気口の寸法・壁厚を考慮する
FF 密閉式 吸気 排気 置型 設置は外壁に
接してること
屋内より 屋外へ
自然 強制
大きな浴槽サイズに変更(浴室内にバランス釜(給湯器)が有るため、浴槽サイズを変更)
メーカーによって、名称が違います。
既存BF-C式密閉式の改修用
既存BF-W式密閉式の改修用

BF-C式 チャンバ式(バランス釜)
風呂釜専用(浴室内設置)(バランス釜)チャンバ室内に接続
BF-C 密閉式 吸気 排気 置型 設置は外壁に
接してること
屋内より 屋外へ
自然 自然
給排気管を外気に接する壁を貫通させ、自然通気により給排気をするもの
給排気口の寸法・壁厚を考慮する
給排気筒を建物の一部のチャンバ室内に接続して、自然通気力により、給排気を行う

壁面貫通型 チャンバ式 チャンバ室内に接続
既存BF式の開口部を給気・排気部に使用するので、給排気口の寸法・壁厚を考慮する
給排気筒を建物の一部のチャンバ室内に接続して、自然通気力により、給排気を行う
貫通型 密閉式 吸気 排気 置型 設置は外壁に
接してること
屋内より 屋外へ
自然 強制
大きな浴槽サイズに変更(浴室内にバランス釜(給湯器)が有るため、浴槽サイズを変更)
メーカーによって、名称が違います。
既存BF-C式密閉式の改修用
既存BF-W式密閉式の改修用

RF-C式 (壁掛け型) 風呂釜専用 (浴室隣接設置タイプ) チャンバ式
風呂釜専用)チャンバ室内に接続
RF-C 密閉式 吸気 排気 壁掛け型
置型
設置は外壁に
接してること
屋内より 屋外へ
自然 自然
給排気管を外気に接する壁を貫通させ、自然通気により給排気をするもの
給排気口の寸法・壁厚を考慮する
給排気筒を建物の一部のチャンバ室内に接続して、自然通気力により、給排気を行う


RF式 (壁掛け型・置型) 
RF 密閉式 吸気 排気 壁掛け型
置型
外壁に設置
屋外より 屋外へ
強制 強制
給湯器を屋外に設置するので、給気・排気の動作不良の場合でも、不完全燃焼・排気ガス排出不良等の場合でもが危険回避度が高いです
屋外でも、仕切り板・屋根等で囲われた場所では、換気が不十分になる恐れがあるので考慮が必要です
屋内には設置できません。


小型ストーブ図
給湯器 (小型湯沸器) 図
給湯器 (壁掛け型・屋内用) 図
給湯器 (集合住宅用) 図
給湯器 (集合住宅・PS設置用) 図
ページTOPに戻る
copyright c kiso-system-guide. All Rights Reserved